新郎視線で考える結婚準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚が決まったら

晴れて結婚が決まったふたりです。
長年の夢がかなって喜んでいるカップルもいれば、急いで結婚式を迎えることになるカップルもいることでしょう。
いずれにしても、ウェディングまでの決められた期間のなかで、準備を万端に整えていかなければいけません。
間違ってしまいやすいのは、準備に掛けられる時間です。
結婚式までの期間は6か月あったとしても、週末やお休みの日など、ふたりでそろって打ち合わせに行ったりショップを回ったりできる日数は、非常に限られています。
実際にカレンダーを使って、ふたりの休みの日数を数えてみることから始めましょう。
思ったより少ないですから、計画的に段取りをして準備をしていかないと、当日までバタバタしてしまうことになります。
しなければいけないことをリストアップしていき、早めに準備を始めることと急がなくてもいいことに仕分ければ、計画が立てやすいでしょう。
次にするのは、費用の計算です。
ふたりが蓄えた資金がありますが、これはすべて結婚式のために使える訳ではありません。
結婚してからの新生活のために取り分ける必要がありますし、結婚準備の段階で必要になるいろいろな出費にも充てなければいけません。
例えば、両親へのあいさつのときの手土産代や、ふたりで打ち合わせに行くときの交通費などです。
1回1回の出費はわずかかもしれませんが、合わせるとまとまった金額になることが予想されます。
どのように出費を分担するのか、あらかじめ決めておきましょう。
必要な費用を支払うタイミングも考えておくことが大切です。
ほとんどの場合、後払いはできませんから、申し込みや購入の時点で資金がなければいけません。
ご祝儀を当てにせずに計算しましょう。
親からの援助をお願いするのであれば、早めに相談することも必要です。
結婚が決まってからしなければいけないもう一つのことは、両家の親へのあいさつです。
すでに一度は顔を合わせていて、まったく初対面になる、ということは少ないですが、それでも正式なあいさつですので、必ず予定しましょう。
男性はスーツにネクタイ、女性は肌の露出を抑えたワンピースが一般的です。
親の好みや家族構成などから、手土産を準備しておきましょう。
当日は、アポイントの時間より早めに訪問するのではなく、2〜3分後にチャイムを鳴らすのがベストです。
きちんとあいさつをし、少し会話を楽しんでから、結婚の了承を得るようにします。
また、食事の準備を気遣わせなくても良い時間を選ぶことも、一つのポイントです。
Copyright (C)2014新郎視線で考える結婚準備.All rights reserved.